INDEX

PJリーダー育成論


TOP > PJリーダー育成論 > IT作り置き理論

IT作り置き理論

PJリーダー育成論 

SI業界の不確実性の最たるものは、原価計算の方法であるというお話をしました。

今回は、その原価をフィックスさせる方法です。

当たり前の話なのに、やる人が少ないのが現状です。
ちょっとでもやれば、上位1%のプロジェクトリーダーになれるでしょう。


要はパッケージ化です。

毎回作らなければならないプログラムを、あらかじめ作っておくという発想。
ITの人間だったら誰でもあこがれる「Write Once, Run Anywhere」の世界。

実現すれば、こんなに楽な商売はありません。
例えばWindowsやOracleなんて、いったい何度コピーされて売られていることでしょう。


ですが、MicrosoftさんやOracleさんが既製服の大量販売なら、
SI業はオーダーメイドの紳士服店です。

「パッケージ化なんてムリ」というのが、常識です。

準備してても、最初から作り直しに終わる。
そういうものだと。

しかし、やり方によっては、SI業界でもパッケージ化が有効になります。
次回は、もう少し具体的に。

■要点■

・原価をフィックスすする勝ちパターンがある
・IT業界の勝ちパターンは"Write Once, Run Anywhere"である。
・SI業界はオーダーメイド産業なので、上記の勝ちパターンは実現しづらい

■次のテーマ■

・SI業界におけるパッケージ化とは?


(つづく)


コラム執筆: キャリッジウェイコンサルティング今井孝 : 2007年04月17日 09:15

運営・管理 ハイパーIT